FC2ブログ

EMILE

フレンチブルドッグ

007.jpg

NAME:EMILE ♂
BIRTH:2月14日 (家族記念日・推定11歳)

2008年12月25日クリスマス、同居犬のフレンチブルドッグの女の子が、
飼育放棄した家族の人間の子供を噛んだとゆー事で、
2頭共に、保健所へ連れて行かれる。

女の子は、噛んだとゆー事が保健所へ伝えられていた為、殺処分された様です。

保護犬となり、保健所で年を越して2009年、1月に愛護団体にレスキューして頂き、
同年2月14日我が家で迎え、保護犬から、EMILEとなる。

我が家で暮らし始めた頃は、9キロのガリガリ君
今では、14キロの大きな顔と身体に大変身~

今年も、主催犬 EMILEからメッセージ~

身勝手な人間の飼育放棄により、捨てられました、僕は何もしていません。
一緒に住んでいたフレンチブルドッグの女の子も甘噛み程度かも知れません。
噛む事がいけないのなら、きちんと『いけない!』っと、飼い主が教えて下さい。


犬と一緒に暮らす事を始めようと思ったら、最低限のしつけを教えて下さい。
人間が諦めず根気よく教える事は、僕達犬は、必ずきちんと覚えます。


ダメ犬なんていないのです。
うちの子はダメ犬だから、うちの子は無理だわ~なんて言った事ありませんか。
それは、人間の逃げ口上の言い訳でしかありません。
ダメ犬と呼ぶ事で、無理だわ、出来ないわという事で、教える事が出来ない事を、
教える事をしない自分を隠す為に、都合の悪い事を犬のせいにしているのです。
人間が教える事を諦め、教える事から逃げているだけです。


躾、躾と言うけれど、健康であればそれで充分~なんて言った事ありませんか。
では、ドッグラン等には行かず、他人や他犬との交流をしていないのですか。
健康管理や日々のケアは、飼い主の責任であり、当然の事です。
他人や他犬との交流をしようと思うのであれば、躾は絶対必要です。
他人や他犬への気遣いや思いやりある行動もマナーのひとつです。


うちの子はダメ犬だから~無理だわ~でなくて、
躾なんかより、健康であれば、それで充分~でなくて、
本当は、私が、教えるのが出来ないから・・・
本当は、私が、教える事に関心が無いから・・・
本当は、私が、教える努力を怠っているから・・・
僕たち犬のせいにしないで下さい。


何歳からでも変われます…ただの犬の僕が変わりましたから。。

現実から目を背けず、問題の本質を考えてみませんか。

根本的な問題は・・・
身勝手な理由で、捨てる人間がいる事です。
安易に購入し、安易に捨てる人間がいる事です。
金儲けの為だけに繁殖している、無知なブリーダーがいる事です。
無知な飼い主が、個人の繁殖をしている事です。
犬について、学習をせず、無知な飼い主がいる事です。
友人のライフスタイル、経済状況、学習能力も考えずに、
犬を飼う事を安易に勧める、多頭飼いは楽しいよ~なんて、
無責任に勧める人間がいる事です。


そして、そうゆう現状を、他人事の様に、ただ、可哀想と言うだけで、
目を背け、無関心に、犬と暮らしている人がいる事です。


捨てる人間がいなくなれば、殺処分もなくなります。
安易に購入せず、捨てる人間がいなくなれば、アニマルポリスも必要ありません。

犬と暮らしたいと思ったら、犬種の事、躾の事、お金の事、病気の事等々・・・
そして、万が一、自分が先にいなくなってしまった時の事も考えて。
学習し知識を得て、大変な事があったとしても諦めない、必ず守る!と決めてから・・・
それでも、大切な命と一緒に暮らしたいと思ってから行動にうつして欲しい。
その時は、保護犬も選択肢のひとつとして考えて欲しい。。


そして、最期まで一緒に暮らして下さい、決して捨てないで下さい。
僕の様に、飼い犬から、保護犬と呼ばれる犬にしないで下さい。


第7回 FUGA SUMMIT の開催まで、1週間をきりました。
今年も、主催犬として、ご参加下さる皆々様が喜んで下さる様、
重責ではございますが、当日の大役を、誠心誠意努めさせて頂く所存でございます。

首脳犬の皆様、SPの皆様、当日まで体調を整えて、
元気に笑顔でご来場して下さる事を、とても楽しみにしております~

BLOG:Oh!la la Emile!

Instagram:emile_san


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

首脳犬の皆様の駐車場のご案内!

本日は、ご来場頂く際にお停め頂く駐車場のご案内です。

事前参加申込み者様は、先日、郵送しました『開催前のご案内』に、
 記載の通り、同封致しました、『駐車票』をお車の目立つ所に置き、
 ご案内しております駐車場へ、お車をお停め下さい。


当日からの来場者様、 こちらのご案内をご一読下さい。
当日からのP

上段の 赤■ の場所は、大きな荷物を持参する方の為の荷降し場所です。
大きな荷物がある方は、荷降ろし場所で荷物を降ろされましたら、
Uターンをして荷降ろし場所から出て頂き、所定の駐車場へお停め下さい。
※荷卸し場所に荷物を降ろされたら、会場まで荷物を運ぶ事をせずに、すぐに車を移動して下さい。

参考までに、先日那須に行った際、青線の平坦なルートで会場の公園までを、歩いてみました。
歩いた日は、とても暑い日だったのですが、トロトロだらだらと歩いた所、所要時間は7分でした。


赤色のルート で公園まで歩いて行く遊歩道コースもございます。
時折、階段がございますが、那須町文化センターからですと5分程です。


公園から駐車場までの随所に、スタッフがおりますので、必ずスタッフの誘導にお従い下さい。

※万が一、所定外の場所への駐車が発覚した場合、その時点で当日の開催が中止となります。
 必ず、所定の駐車場へお停め頂く様、何卒宜しくお願い申し上げます。


皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)