スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ちょこっと、情報提供!

只今、首脳犬のご紹介真っ最中ではございますが・・・

本日は、ちょこっと、情報提供~

ご存知の方も多いかと思いますが・・・

犬が、病気やケガをした際、治療にかかった費用を補てんしてもらえる
犬専用の医療保険 犬保険
(他に猫も含めて小動物の保険も有り)のお話。


この、犬の保険に加入していれば、
治療費の全額、または一部を補てんしてもらえます。


各保険会社によって補償内容、免責事項等が異なります。
免責事項=補償されない(保険金が支払われない)事項の事。
 サプリやワクチン接種、また、病気の種類によっては、免責事項になっている事もあります。
※保険会社によって、免責事項は異なります。

また、保険に加入してから、免責期間というのもあります。
免責期間=補償されない(保険金が支払われない)期間の事。

保険会社によっては、保険金額を設定し、
請求時の際の免責金額を設定している事もあります。

免責金額=自己負担金額の事

例えば、保険金額が20,000円と設定され、免責金額5,000円の場合
実際に請求した保険金金額が、20,000円だとすると・・・
(保険金請求額)20,000円-(免責金額)5,000円=15,000円を受け取れます。

ご自分の愛犬の犬種が、かかりやすい病気が免責事項になっていないか。
年齢によって保険料が異なる場合、今の年齢だと、どこの保険会社の保険料が安いか、高いか。
また、今後、見直しする場合、何歳から、どこの保険会社に切り替えると安くなるか。
いざ、保険金を請求する際の手順、方法はどのようになっているか。
愛犬のかかりつけの病院が扱っているのは、どこの保険会社か。
※今現在、大概の病院が、どの保険会社でも対応が可能です。

もちろん
元保護犬の誕生日のわからない、推定年齢の主催犬EMILEも加入しています。
これまで何度かお世話になり、その度に本当に助かり入っていて良かった~っと思います。

万が一の愛犬の為に、たくさんある保険会社を比較し、
愛犬の個体に適していると思われる、
保険会社を選択する事をお勧めします

あまり使わないだろうからと、入らない人が多い様ですが、
突然の病気やケガになり、初めて入っていて良かったと思えるのが保険です。
万が一の為に、愛犬用にと月々貯金をする等の別の方法も考えられますが、
大切な愛犬の命の為に、お守りとして考えるのも良いのではないでしょうか。。。



今、傍らにいる愛犬が、病気やケガをして、高額な医療費が発生した場合、
または、長期的に投薬治療が必要となった場合、手術や入院をする事になった場合、

支払えないから、治療を諦める・・・
支払えないから、飼育放棄する・・・ 現実、こういった理由で保護犬になってしまう事があります。

治す治療、延命治療、温存治療、東洋治療等々、、治療方法は様々で、
愛犬にとっての最良と思う選択をするのは、飼い主さんですが、
この選択もせず、お金が払えない、払いたくないからという理由で、
大切な命を諦める事だけはして欲しくないですね。。



関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。